株式会社ジオデザイン

Home>設計部

設計部

補強土壁に特化した設計業務で、
社会基盤(infrastructure)のお役に立っています。

道路構造物の中でも、盛土の中に補強材を敷設することにより、自立した壁面やのり面を形成させる、補強土壁に特化した設計、作図を行っています。
中でも、ジオグリッドや多数アンカー式補強土壁工法に関して、よりスピーディーな道路計画を実現するため、作図・積算業務の自動化など、新しいご提案してまいります。

ジオグリッド

全面緑化を可能にした急勾配盛土

ジオグリッドは、盛土の中にネット状の樹脂を何層かにわたって敷設し、盛土の安定をはかる工法で、広く道路盛土に使用されております。従来用いられていたコンクリート擁壁とは異なり、全面に勾配を持たせながら緑化も可能なことから、より環境に配慮した工法です。
従来手作業で行われていた作図や積算業務を自動化することにより、工期短縮がはかれます。さらに、ジオグリッドの設計に熟達したスタッフが各現場に最適な設計を行います。

多数アンカー式補強土工法

フレキシブルなコンクリート構造を用いたMADE IN JAPANの工法

多数アンカー式補強土壁工法は日本で開発された工法で、日本の土壌に適した補強構造を有しています。砂や礫材はもちろん粘性土も盛土材料として使用可能で、現場で発生した様々な土砂を有効利用できます。
多数アンカー式補強土工法の作図に留まらず、防護柵基礎の設計計算や配筋図など付帯構造の設計や、現場特有の条件下で発生する特殊形状のコンクリートブロック配筋図なども、独自開発した自動作図システムを用いて実施しており、あらゆる角度から多数アンカー式補強土壁工法のアシストを行っております。

株式会社ジオデザイン

ページの先頭に戻る